調剤部門

内服薬(飲み薬)、外用薬(湿布、点眼薬、軟膏など)を医師の処方に基づいて調剤する部門です。薬剤師として不明な点があれば医師に確認をします。

また、医薬品の適正使用に向けて、薬剤をお渡しする際、飲みあわせ及び副作用など、注意して欲しい内容について服薬指導を行っています。

注射部門

大きく分けて、3部門に分かれています。まず1つは、病棟の注射・点滴薬を、患者さまごとに薬剤師がセットにして病棟にお渡ししています。薬剤師がセットすることで、薬剤の配合、溶解したときの濃度、投与量などに問題がないかチェックしています。

第二の仕事は、細菌汚染・異物混入などを防ぐ目的で、無菌室において高カロリー輸液(食事が病気により摂れない人の栄養を補給する輸液)や抗ガン剤の無菌調製を行なっています。

第三の仕事は、製剤室において市販されていない有用性のある軟膏の作成や消毒剤の調製をしています。

病棟部門

薬剤管理指導の対象となっている病棟に薬剤師が出向き、患者さまに内服薬や点滴に使われている薬剤の説明を行い副作用の早期発見に努めています。

また、医師及び看護師からの様々な質問に対応しています。具体的には、患者さま個々の病気の背景を認識し、一番適した薬剤の選択、投与方法の手助けをすることにあると考えられます。

現在、チーム医療が推進されており、この部門のパワーアップも薬剤部の充実には欠かせないと思われます。

医薬品情報室

薬の情報を収集・整理・保管し、病院内に必要な情報を適切に発信する部署です。また、医師や看護師、患者さまからの薬に関する質問に応えています。

他に、新しい薬の使い方の勉強会を開催したり、院内で開催される薬の使い方に関する検討会(薬事委員会)の資料を作るなどの仕事をしています。

治験業務

治験事務局を薬剤部内に設置し、製造販売後調査及び治験に関する手続きや記録、治験薬の管理など総合的な管理業務を行っています。また、治験審査委員会事務局も兼務し委員会運営の支援を行っています。

患者支援センター

患者支援センターに薬剤部を配置し手術の安全性の向上のため、入院前に内服薬の確認を行っています。

川口市立医療センター 〒333-0833 川口市西新井宿180