診療受付
午前8301100分

休診日
日曜日 / 祝日 / 第2,第4土曜日 / 年末年始

TEL
048-287-2525

診療受付
午前8301100分

休診日
日曜日 / 祝日 / 第2,第4土曜日 / 年末年始

TEL
048-287-2525

歯科口腔外科

歯科口腔外科

外来担当

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
午前稲田
赤城(第2、第4)

北原
越智
北原

北原

北原

北原
午後

スタッフ紹介

原 彰

歯科口腔外科部長

卒業大学昭和大学(昭和63年卒)
専門分野口腔外科一般
認定医/資格など日本口腔外科学会口腔外科専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)

氏名職名卒業大学専門分野資格認定
北原 辰哉歯科口腔外科副部長昭和大学
(平成14年卒)
口腔外科一般日本静脈経腸栄養学会TNTドクター

概要

当科は、歯科口腔外科疾患の診断、治療を専門にしています。難抜歯、外傷、炎症、腫瘍、嚢胞、粘膜疾患などです。地域の医療機関にとっての歯科・口腔領域の難症例の窓口として、患者さんにとって良いと思われる医療を提供することをモットーにしています。

初診の際、お持ちいただくもの

  1. お薬手帳
  2. かかりつけ医の診察券
  3. 糖尿病手帳(HbA1cの値)

対応症例等

顎・口腔領域の二次、三次診療を行っております。難抜歯、外傷、炎症、腫瘍、嚢胞、粘膜疾患などです。一般歯科治療(齲蝕・義歯・歯周炎など)と歯科矯正は行っておりません。

難抜歯 (親知らず、埋伏過剰歯、抜歯途中など)

低浸襲、迅速、確実、安全を心がけております。滅菌済み5倍速エンジンを使用。年間約3,000本の智歯(上下合わせて)の抜歯を少ないスタッフで経験してきました。小児の上顎正中埋伏過剰歯も経験多く、どちらも基本は外来局麻手術でしております。

※親知らずの抜歯について
初診日(予約で初めて来院した日)に抜歯することはありません。まず初診されて、抜歯日(平日のみ)の予約をしていただきます。紹介状をもらっても、多くは緊急性がないものです。術後にゆとりがある日程で、抜歯日を決めることが大切です。同側(右なら右)上下は同時に、左右は1カ月くらい空けての日程をお勧めします。静脈麻酔、笑気麻酔を使用せずに、局所麻酔の手術です。腫れているときは抜歯できません。炎症を抑えてから抜歯します。

心臓病など有病者の抜歯等口腔外科処置

主治医と連絡を取り、血液検査(PT-INR)の値により抗凝固薬(ワーファリン)の一時中断をなるべくしないで抜歯しております。抗血小板薬は基本的には中断しません。入院下にて処置をおこなうこともあります。

顎骨骨折、顔面骨折、などの外傷

口腔外科のもっとも専門とするところです。歯のかみ合わせの正確な回復、骨折線上の歯の処置が必要です。手術では顔面に皮膚切開をせずに、口腔内切開で傷を残しません。顎間固定も5日間程度です。手術は350例以上経験。

顎骨の良性腫瘍、嚢胞

顎骨の良性腫瘍、嚢胞は数多く経験しております。巨大なものは顎骨離断をせず開放創または開窓療法にて顎骨を保存しております。

口腔内、口唇の疾患

口唇、舌、歯肉、頬粘膜などの疾患の診断、治療。小児に多い下唇粘液嚢胞、がま腫、舌小帯強直症などは外来にて短時間で手術しております。

顎炎、歯性上顎洞炎などの歯性感染症

齲蝕、歯周病が原因で顔面、頚部、咽頭、側頭部の蜂窩織炎や副鼻腔炎がおきます。進行が早く重篤な状態になりやすいため、迅速な対応が必要です。重症例は、入院、造影CT撮影、切開排膿等即日に対応しております。年間40例ほど入院してます。首から上の炎症の原因は歯性のことが多いです。最近ではビスフォスフォネート剤による薬剤関連性顎骨壊死(MRONJ)が非常に増えております。

顎下腺唾石症や顎下型がま腫など

特に口腔内からの手術をこころがけております。従来は顎下腺ごと摘出していた症例も手術方法を工夫し口内から唾石のみ摘出手術しております。顎下型がま腫や嚢胞型リンパ管腫は薬物療法(OK-432)が第一選択としてます。

顎関節症などの顎関節疾患

病態によって、治療方法もいろいろあります。

全身疾患の口腔症状の診断と治療

口腔外科の診断によって診断がつくものもあります。節外性悪性リンパ腫、貧血や白血病などの血液疾患、シェーグレン症候群、天疱瘡、他臓器よりの転移性腫瘍などがあります。

口腔粘膜疾患

白板症、扁平苔癬などいろいろあります。口内炎と思っていても舌癌、天疱瘡などの場合もあります。また、激しい痛みの口内炎には院内特殊製剤で対応しております。

口腔癌

本当に沢山の口腔癌の初期診断をさせていただきました(年間30例程度で25年)。われわれはかなり小さな初期癌まで臨床診断できると自負しております。細胞診や病理診はせず、病変にはメスを入れずに、経験豊富な埼玉県立がんセンターなどに紹介させていただいております。
口腔癌は少なく特殊です。専門施設、専門とするDr.に任せることが、患者さんにとって最良のことだからです。われわれの役目は早く見つけることです。

入院患者の口腔ケアや嚥下障害の診断など

診療実績

※令和2年度は4月から6月までCOVID-19の影響による手術中止につき件数減

外来手術件数(単位:件)
主な手術名と件数平成30年度令和元年度令和2年度
埋伏歯抜歯(本数)2,150(本)3,123(本)2,092
正中過剰埋伏歯抜歯(症例数)41 34 36
その他抜歯(本数)1,971(本)1,444(本)1,477
腫瘍切除術51 66 57
粘液貯留嚢胞摘出術31 73 24
顎嚢胞摘出もしくは開窓術100 98 52
歯根端切除術40 34  41
消炎手術200 188 183
外傷27 20 11
外傷歯整復10 22 11
骨隆起等形成術40 13 12
インプラントなど除去術20 11 5
小帯形成術12 8
顎関節脱臼非観血整復術20 17 11
唾石摘出10 10 8
その他17  10
4,740 5,170  4,038
入院手術件数 全身麻酔手術(単位:件)
主な手術名と件数平成30年度令和元年度令和2年度
悪性腫瘍(白板症を含む)3
良性腫瘍2
顎嚢胞12 16 13
顎骨腫瘍0
顔面骨折9
唾液腺腫瘍1
唾石0
消炎手術2
抜歯1
その他1
42 30 32
入院手術件数 全身麻酔以外(単位:件)
主な手術名と件数平成30年度令和元年度令和2年度
消炎手術(MRONJを含む)20 37 34
抜歯0
その他2
24 40 36