診療受付
午前8301100分

休診日
日曜日 / 祝日 / 第2,第4土曜日 / 年末年始

TEL
048-287-2525

診療受付
午前8301100分

休診日
日曜日 / 祝日 / 第2,第4土曜日 / 年末年始

TEL
048-287-2525

放射線科

放射線科

外来担当

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
午前中川
間宮
徳植
中川
間宮
中川
中川
間宮
間宮
中川
午後

スタッフ紹介

苅込 正人

放射線科部長/画像診断センター長

卒業大学金沢大学(昭和60卒)
専門分野画像診断
認定医/資格など日本医学放射線学会放射線科診断専門医

氏名職名卒業大学専門分野資格認定
三枝 裕和放射線科部長日本医学放射線学会放射線科専門医・指導医
日本超音波医学会超音波専門医・指導医
日本核医学会PET核医学認定医
日本人間ドック学会人間ドック認定医
奈良田 光宏放射線科副部長近畿大学
(平成8年卒)
画像診断日本医学放射線学会放射線科専門医
中川 惠子放射線科医長日本医学放射線学会放射線科専門医・指導医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
荻原 翔放射線科医長日本医学放射線学会放射線科専門医
首藤 直大特別研修医日本大学
(平成29年卒)
間宮 敏雄非常勤放射線治療日本医学放射線学会放射線科治療専門医
ハイパーサーミア認定医
第1種放射線取扱主任者
マンモグラフィ読影認定

概要

放射線科では画像診断と癌の放射線治療を行っています。2名の画像診断医及び非常勤医師で診断を、1名の放射線腫瘍医で診療を行っています。
画像診断医は画像検査(CT、MRI、RI検査等)に対し、検査報告書を作成しています。ご依頼をいただいた検査については報告書を添えてご報告しております。
診断業務の他に、肝臓癌や胸腹部出血に対する血管塞栓術や下肢動脈狭窄に対し血管拡張術、ステント留置術等のInterventionalradiologyも行っています。しかし、Interventional radiology用のベッドは有していませんので、関係各科にご依頼ください。

対応症例等

放射線腫瘍医は主に癌に対し、放射線治療、温熱療法を行っています。治療機器はリニアック(体の外から放射線を照射する)、温熱治療機(体を温めて治療する)があり、癌の種類、部位に応じてこれらを組み合わせて治療しています。主な対象は、脳腫瘍、肺癌、食道癌、胆道・膵臓癌、子宮頸部癌などですが、全身どの部位の癌に対しても治療しています。ただし、温熱療法は放射線治療と併用で行うことを原則としております。
他院からの患者様で通院可能な場合は直接放射線科に紹介可能ですが、他院から紹介された患者様で入院が必要な場合は、当該科宛の紹介状を作製して頂き、当該科に入院していただいてから治療します。
2017年度より高精度放射線治療(IMRT又はVMAT)を開始し、放射線治療の高精度化に伴い、治療計画、装置の品質管理の総時間数が増大してきています。高度変調照射は、重要臓器への被ばくを減らすことが可能なため、腫瘍の照射線量を多くすることができます。患者の放射線障害を軽減できるので、従来対症療法であった症例でも根治可能となる場合が多くなりました。高精度放射線治療件数は増加の一途をたどっています。

主要機器

画像診断機器

  • MRI:1.5テスラ 1台、3テスラ1台
  • X線CT:16列マルチスライスCT 1台、 128列マルチスライスCT 1台、128列Dual SourceマルチスライスCT1台
  • 血管撮影装置:フラットパネル型バイプレーン2台
  • 一般撮影装置:フラットパネル型4台
  • 移動型X線装置:フラットパネル型1台
  • X線TV装置:フラットパネル型2台
  • ガンマカメラ:SPECT – CT 1台
  • 骨塩定量測定装置1台
  • マンモグラフィ1台

治療機器

  • 治療装置:リニアック(直線加速装置)1台
  • 治療計画装置:4台
  • 温熱治療装置:1台

リニアック(外部照射用)、温熱治療機があり、癌の種類、場所に応じてこれらを組み合わせて治療しています。

診療実績

放射線治療全般(単位:人)
平成30年度令和元年度令和2年度
放射線治療部門の新規患者数(新患実人数)253250246
放射線治療患者実人数(新患+再患)324342313
原発巣別新規患者数(新患実人数)
1)脳・脊髄324
2)頭頸部(甲状腺を含む)110
3)食道343
4)肺・気管・縦隔546667
4)-a)うち肺516265
5)乳腺937571
6)肝・胆・膵455
7)胃・小腸・結腸・直腸172730
8)婦人科346
9)泌尿器系625549
9)-a)うち前立腺454038
10)造血器リンパ系9911
11)皮膚・骨・軟部000
12)その他(悪性)200
13)良性320
14)15歳以下の小児例000
脳および骨転移治療患者実人数(新患+再患)
1)脳転移373630
2)骨転移506954
定位照射を実施した実人数(新患+再患)
10108
体幹部12177