診療受付
午前8301100分

休診日
日曜日 / 祝日 / 第2,第4土曜日 / 年末年始

TEL
048-287-2525

診療受付
午前8301100分

休診日
日曜日 / 祝日 / 第2,第4土曜日 / 年末年始

TEL
048-287-2525

呼吸器外科

呼吸器外科

外来担当

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
午前石本古賀
午後

スタッフ紹介

古賀 守

呼吸器外科部長

卒業大学日本大学(昭和61年卒)
専門分野肺/縦隔
認定医/資格など日本外科学会外科専門医・指導医
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医

氏名職名卒業大学専門分野資格認定
石本 真一郎呼吸器外科副部長日本大学
(平成16年卒)
呼吸器外科日本外科学会外科専門医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

概要

当科では肺縦隔疾患に対し最適な外科治療を行うことを目的に、常勤の呼吸器外科専門医2名体制で診療に当たり、年間100例前後の手術を行っています。内訳としては、60〜70例が原発性肺癌、転移性肺癌、縦隔腫瘍等の腫瘍性疾患で、残りは若年者の自然気胸、中高年者の肺気腫や間質性肺炎に続発する気胸、炎症性肺疾患(結核や非結核性抗酸菌、真菌など)、膿胸、肺生検などです。
最近では、肺癌が疑われるも腫瘍が小さく内科的に診断がつかない患者さんに対し、診断と治療を兼ねて全身麻酔下での胸腔鏡による生検手術(診断)と、それに引き続いた根治術を行うことが増えています。こうした患者さんは、『本当にがんなのだろうか。がんじゃないのに手術を受けてしまったら後遺症が残るだけなのでは。でもがんだったら早く手術を受けた方がいいだろうし…』といった不安をお持ちでしょう。このような心配に対し、私たちは患者さんの病状だけでなく、年齢、基礎疾患の有無、その他の諸事情も考慮し、検査の進め方や治療方針をいくつか提示し、納得いただけるまで話し合いをするように心がけています。
これからも各種セミナーなどに参加してスキルアップを図るとともに、関連する呼吸器内科、放射線科、病理診断科、精神腫瘍科、薬剤部、緩和ケアチームなどと密に連携し、胸部悪性疾患に対するチーム医療従事者を推進したいと考えています。

対応症例等

原発性肺癌に対しては、呼吸器内科、放射線科、病理診断科などと密に連携して、患者さんにとって最適な治療を提供いたします。具体的に臨床病期(ステージ)1・2期では、胸腔鏡を用いた小開胸、低侵襲手術を行います。3期以上の場合は放射線や抗がん剤を組み合せた集学的治療が基本となりますが、症例によっては残った病変の摘出手術を追加することがあります。こうした手術の際われわれが最優先に心掛けていることは安全性であり、必要であれば開胸手術を選択いたします。
残念ながら手術後の患者さんが全て完治するわけではありません。近年は術後再発例に対し、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤など新たな治療法が開発されてきており、当院でも積極的に取り組んでおります。
縦隔腫瘍は体の中心部の縦隔にできる腫瘍の総称で、胸腺腫、胸腺癌、胚細胞性腫瘍、リンパ腫、嚢胞性腫瘍など多岐に渡っております。通常症状はなく、健診や他疾患精査中に偶然発見されることが多い疾患です。治療は胚細胞性腫瘍の一部とリンパ腫を除き、摘出手術が原則であり、当院では開胸あるいは胸骨縦切開アプローチを採用しています。小型で良性のものは、胸腔鏡を用いた低侵襲手術を行います。
気胸は若年者の自然気胸と、中高年者の肺気腫に続発するもの、間質性肺炎に続発するものなどを治療対象としております。若年者自然気胸は全例胸腔鏡下手術を行っており、以前から問題となっていた術後再発の予防として、吸収性シートによる補強を追加することで成績が向上しております。
肺気腫や間質性肺炎続発性気胸は手術単独での治療が難しいこともあり、癒着療法などを併用して早期退院を目指しております。膿胸は初期治療が大切であり、ドレナージや胸腔鏡下の掻爬術など迅速に対応いたします。また慢性期の開窓術や胸郭成形術なども行います。
胸膜中皮腫は肺や肋骨側の壁を覆う胸膜から発生する腫瘍で、アスベスト(石綿)を吸入することで、数十年後に発症する疾患です。当科では確定診断のための胸膜生検や各科と協力した集学的治療を行っております。

診療実績

(単位:件)
Kコード平成30年度令和元年度令和2年度平均在院日数(日)
入院件数13416713010.7
手術件数931198911.4 
主な疾患名と手術件数
気胸3239298.3 
胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部切除))K513118282210.3 
肺の良性腫瘍76610.3
胸腔鏡下肺切除術(部分切除)K51326649.5
胸腔鏡下肺切除術(肺葉切除又は1肺葉を超える)K51340017.0
肺癌67835610.6 
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)K514-2111161410.1
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)K514-2217114.0 
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)K514-2327242513.4 
肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)K5143613616.3