概要

放射線科では画像診断と癌の放射線治療を行っています。画像診断の詳細は画像診断センターをご覧ください。

放射線科医は画像診断医と放射線腫瘍医がいます。

画像診断医は画像検査(CT、MRI等)に対し、検査報告書を作成しています。
また、血管造影では血管を造影するだけでなく血管が細くなった場所を拡張させて、血流を保ったり、逆に腫瘍を栄養している血管を詰めて癌を兵糧攻めにして治療を行うこともあります。

放射線腫瘍医は主に癌に対し、放射線治療、温熱療法を行っています。最近では放射線治療、温熱療法に抗癌剤治療を併用することが多くなっています。

主な対象は脳腫瘍、肺癌、食道癌、胆道・膵臓癌、子宮頸部癌などですが、全身どの部位の癌に対しても治療しています。

特色

医師

全て放射線科専門医であり、このうち放射線治療を担当している2名の医師は放射線腫瘍認定医です。また1名は日本ハイパーサーミア学会認定医です。

放射線治療

治療機器はリニアック(体の外から放射線を照射する)、温熱治療機(体を温めて治療する)があり、癌の種類、部位に応じてこれらを組み合わせて治療しています。

温熱治療は放射線治療と同時併用可能な患者さまに限らせて頂いております。

川口市立医療センター 〒333-0833 川口市西新井宿180