概要

歯科口腔外科とは歯や口の中の病気を主に診療する科です。あごと顔の骨折などの口のけが、親知らずなどの抜歯、あご、口、唇のできものやはれ(腫瘍、嚢胞、歯性炎症)などを中心に診療しています。

具体的には以下のとおりです。

1)抜歯(親知らず、埋伏過剰歯、抜歯途中などの難抜歯)

迅速、確実、安全を心がけております。

2)顎骨骨折、顔面骨折、口のけが

顎の骨折は口腔外科のもっとも専門とするところです。歯のかみ合わせの正確な回復、骨折線上の歯の処置が必要です。

手術では皮膚切開をせず、口腔内からの切開で安全な手術をしております。

3)顎炎、歯性上顎洞炎などの歯性感染症

むし歯、歯周病が原因で顔や頚部が腫れたり、蓄膿症になります。顔や頚部が腫れたときは、歯が原因ということが多いのです。

4)口の中、唇の疾患

舌、歯肉、頬粘膜、唇などのできもの、唾石症などの診断、治療。

5)顎骨、顔面骨のなどの疾患

顎骨には腫瘍(良性、悪性)、のう胞などいろいろな疾患があります。とくに大きなのう胞、歯原性腫瘍は開窓療法にて 顎骨を切断せずに保存につとめます。

6)顎関節症などの顎関節疾患

病態によって、治療方法もいろいろあります。

7)全身疾患の口腔症状の診断と治療

口腔内の症状で病気が発見されるものもあります。

8)口腔粘膜疾患

口内炎と思っていてもいろいろあります。なかなか治らないものは御相談ください。

9)顎骨変形症

下顎前突症などの手術をしております。

10)心臓病、糖尿病など有病者の抜歯

抗凝固薬の一時中断など主治医と連絡を取り、治療しております。

当科のみでは、診断、治療ができないものは他科、他施設との協力、連携の上、迅速に対応しております。

診療実績

入院手術件数 全身麻酔手術
主な手術名と件数 平成28年度 平成29年度 平成30年度
悪性腫瘍(白板症を含む) 3 1 3
良性腫瘍 2 0 2
顎嚢胞 28 10 12
顎骨腫瘍 1 3 5
顔面骨折 11 8 6
唾液腺腫瘍 1 3 2
唾石 2 3 3
消炎手術 1 0 2
抜歯 1 2 2
その他 4 4 5
54 34 42
入院手術件数 全身麻酔以外
主な手術名と件数 平成28年度 平成29年度 平成30年度
消炎手術(MRONJを含む) 36 33 20
抜歯 1 0 0
その他 8 6 4
45 39 24
外来手術件数
主な手術名と件数 平成28年度 平成29年度 平成30年度
埋伏歯抜歯(本数) 1,913 2,072 2,150
正中過剰埋伏歯抜歯(症例数) 50 37 41
その他抜歯(本数) 1,875 2,017 1,971
腫瘍切除術 42 26 51
粘液貯留嚢胞摘出術 49 51 31
顎嚢胞摘出もしくは開窓術 91 87 100
歯根端切除術 25 23 40
消炎手術 158 186 200
外傷 44 26 27
外傷歯整復 18 19 10
骨隆起等形成術 8 20 40
インプラントなど除去術 9 9 20
小帯形成術 18 12 12
顎関節脱臼非観血整復術 7 15 20
唾石摘出 12 12 10
その他 15 28 17
4,334 4,640 4,740
川口市立医療センター 〒333-0833 川口市西新井宿180