マンモグラフィってどんな検査?

マンモグラフィとは、乳房専用のレントゲン検査のことです。撮影台の上に乳房をのせ、透明の圧迫板で乳房を薄く伸ばして撮影を行います。乳房を薄く伸ばして撮影することで、画像のボケが少なくなったり、病変を発見しやすくなったり、被ばく線量を少なくできたりします。

当院のマンモグラフィ装置

最新機能である、3Dマンモグラフィ(トモシンセシス)機能をもつフラットパネル搭載型デジタルマンモグラフィ装置を導入しております。そのため、今までより高精細な画像を低い線量で撮影でき、乳腺の被ばく線量も大幅に低減することができます。またフラットパネルになり、瞬時に画像の描出が可能となったため、検査時間が短縮され待ち時間の短縮が可能となりました。

マンモグラフィ検診施設認定

女性のがんの中でも最も罹患率が高い乳がんにおいて、安心して検査を受けていただけるよう乳腺専門医の診療の元、認定を受けた女性技師が撮影を行っています。女性スタッフだからこそできる気遣いで緊張や不安を和らげ、より安心して検査をお受けいただけます。

当院ではマンモグラフィ検診施設認定を受け、精度・信頼性ともに高い水準の検査を行うことができます。皆様に安心して検査を受けていただけるよう、さらなる検査の質の向上に努めております。

川口市立医療センター 〒333-0833 川口市西新井宿180