本町診療所は周辺地域の医療環境が充実したことから、閉院いたします。
これに伴い、次の月をもちまして、診療を終了いたします。
なお、診療中の患者様につきましては、スタッフ一同、終診に向け全力を挙げるとともに、継続して治療が必要な患者様につきましては、症状に応じ医療センターや近隣の医療機関をご紹介いたします。

◇小児科・・・・・令和元年10月31日 木曜日
◇内科・眼科・・・令和元年12月27日 金曜日

Q&A

Q1 なぜ、小児科は10月31日で診療を終了するのか。
A1 例年、かぜやインフルエンザなどの感染症が11月頃から流行し始め、小児科の患者数の増加が見込まれます。スタッフ一同、患者様の終診に全力を挙げておりますが、流行期を迎え患者数が増加しますと、円滑な閉院に支障をきたす恐れがあるため、流行期を迎える前に閉院するものです。
Q2 閉院は令和2年の3月31日なのに、それよりも前に診療を終了するのはなぜ。
A2 診療終了後、閉院に伴う様々な事務を処理するための時間が必要だからです。
Q3 本町診療所を閉院した後は、どうなるのか。
A3 市の関係部局で検討する予定です。

 

川口市立医療センター 〒333-0833 川口市西新井宿180