阿部浩征

こんにちは、研修医の阿部浩征と申します。出身は札幌医科大学です。

川口市立医療センターは、川口市のほぼ中央に位置し、JR線や繁華街からは遠く、埼玉高速鉄道という路線の沿線です。良くも悪くも落ち着いた地域と言えそうです。

私は、救急医療に興味があり、入局を考えている大学の関連病院を調べる中で、この病院を知りました。当院の救命救急センターは、専門は救急であるものの、消化器外科や脳神経外科のサブスペシャリティを持つ先生方が多く在籍しており、外傷症例も比較的豊富なのが特徴です。見学は、救命救急科と外科を半日ずつしました。ローテートしている研修医やスタッフの先生方の話を聞いて、自分が将来してみたい医療を実践しているのが、この病院ではないかと思い、志望するに至りました。

この1年ほどの研修では、多彩な同期・先輩に刺激を受け、共に悩み、共に教え合いながら日々過ごすことができました。自ら目的を持って、積極的に研修を行えば、それに応えてくれる指導医から、多くのことを吸収できる環境にあり、実りある研修生活を送ることができると思います。この病院は救命救急センターに限らず、各科とも急性期医療が中心になっているため、commonな疾患のdrasticなところを数多く経験でき、初期研修として向いている印象です。

この文章を読んで興味を持たれた方も、そうではなかった方も、途中で読むのをやめてしまった方も、是非一度見学に来て、研修の雰囲気を感じていただければと思います。

川口市立医療センター 〒333-0833 川口市西新井宿180