川口市立医療センター
Kawaguchi Municipal Medical Center

クリニカルアート*臨床美術作品展

クリニカルアート(臨床美術)は絵やオブジェなどの作品を楽しみながら作ることによって、
脳を活性化させ、高齢者の介護予防や、認知症予防、症状改善、働く人のストレス緩和、
子どもの感性教育などに、効果が期待できる芸術療法(アートセラピー)の一つです。
臨床美術は、臨床美術療法として、日本認知症予防学会よりエビデンスの認定を受けています。
2歳から90歳までの老若男女、認知症ご本人、障がいをお持ちの方も含め、約80人の
アーティスト達の作品をご覧になり、皆様に笑顔が届きますように。

スタジオ*千ひろば 主宰 臨床美術士 島根千尋

川口市立医療センター 〒333-0833 川口市西新井宿180