川口市立医療センター 〒333-0833 埼玉県川口市西新井宿180 TEL 048-287-2525 FAX 048-280-1566
各種研修・育成制度 – http://kawaguchi-mmc.org/service/nurse/education/training/

各種研修・育成制度

認定看護師育成支援制度

当センターには認定看護師育成支援制度があります。研修費等の補助があり、働きながら資格を取得できる制度です。当センターには1名の専門看護師と12名の認定看護師がそれぞれの専門分野で活動しています。

専門看護師・認定看護師一覧

当センターの専門・認定看護師の分野は以下です。

専門看護師

  • 老人看護 1名

認定看護師

  • 救急看護 2名
  • 皮膚排泄ケア 2名
  • 緩和ケア 1名
  • 感染管理 1名
  • 手術看護 1名
  • 集中ケア 1名
  • がん化学療法 1名
  • 糖尿病看護 1名
  • 新生児集中ケア 1名

皮膚・排泄ケア認定看護師による新人研修「褥瘡予防・安楽な体位の保持」

救急看護認定看護師による新人研修「救急蘇生」

看護部職員からのメッセージ

救急看護認定看護師

救急で搬送された患者さんの対応や看護を通して知識を深め、日々の実践から回復を見届けられることにやりがいを感じています。救急対応は、時・人・場所を選ばないため、院内でも、スタッフがスムーズに対応できるように、研修や学習会を開催し、質の向上に努力しています。

集中ケア認定看護師 副看護師長

生命が脅かされている状態にある患者さんに対し、チーム力を発揮して迅速な対応に努め、生命の危機回避や合併症の予防、早期離床を図っています。集中ケアが行われることで、患者が重篤な状態を脱し、元気に回復していく姿をみると、最良のケアが提供できたことを実感し、達成感に繋がります。

手術看護認定看護師

診療科が多く、周産期センターや救命救急センターを併設しているため、最新の術式を常時取り入れ、多種多様な手術の経験を通して知識・技術を得る事ができます。緊急・ハイリスク手術にも対応できるよう勉強会の開催等質向上に努め、救急医療を側面から支えています。

災害対策委員 救命救急センター 副看護師長

基幹災害医療センターのすべての看護師は災害医療に従事します。いつ起きてもおかしくない大震災や交通事故災害等に対して“ひとりでも多くの命を助ける”ために、臨床実践能力に応じた教育プログラムを構築しています。研修や訓練を通してDisaster Image(災害イメージ力)を高め、平時の看護業務が災害看護へ活かせるよう取り組んでいます。

老人看護専門看護師

超高齢社会の日本において入院される患者さんも高齢者の方が多くいらっしゃいます。これまで培ってきた人生経験を尊重し、入院に伴う健康課題が最小限となるよう支援していきます。また、最期の時期を高齢者ご本人やご家族と穏やかに過ごせるよう心がけています。

新生児集中ケア認定看護師

NICUには、小さく産まれた赤ちゃんや何らかの病気をもった赤ちゃんが入院しています。小さな命の逞しさや尊さ、健やかに育まれる命の力強さを日々感じることのできる職場です。NICUは治療の場であり、また、養育の場でもあることから、赤ちゃんとそのご家族に寄り添い、家族の絆を繋ぐ架け橋でありたいと思っています。

緩和ケア認定看護師

緩和ケアは、患者さんやご家族の方々が、治療のあらゆる過程で「その人らしく」生活の質を維持して過ごしていけるように、多職種で同じ目標に向かって支援を行っています。リンパ浮腫ケアやメンタルケア・疼痛コントロールなど様々な看護実践を通し人に寄り添える看護のやりがいに繋がっています。

がん化学療法看護認定看護師

がん治療の3本柱の一つである抗がん剤治療が、安全に安心して患者さんが受けられるように取り組んでいます。抗がん剤治療を受けながら、地域での暮らしができる「がん看護」を目指しています。

専門研修

専門・認定看護師が中心となり、院内及び地域の医療機関の看護師も対象とした研修会を行っています。

  • 集中ケア講座
  • 救急看護講座
  • がん看護講座
  • 感染講座
  • 手術看護講座
  • 新生児重症集中講座

救急看護講座

がん看護講座

感染講座

その他病院主体の研修

救急車同乗研修

訪問看護研修

質安全研修

マネジメント研修

災害研修

TQM

講演会

院内教育委員会主催・看護部教育委員会主催・各委員会主催等、年間に5~6回開催されています。テーマは最新の医療・看護の情報・知識など、専門性を高めるための内容が中心となっています。

海外研修

海外研修参加希望者に対し支援を行う、当院独自の制度です。今までに多くの医療スタッフが参加しています。

参加資格は当院在職5年以上の職員で、課題レポートを院内教育委員会に提出していただきます。その後面接を受けGOとなります。研修終了後に報告会を開いています。

今までの主な研修先

  • オーストラリア・ニュージーランド研修
  • アメリカ感染管理研修
  • 欧州医療研修
  • デンマーク滞在型研修   他