川口市立医療センター 〒333-0833 埼玉県川口市西新井宿180 TEL 048-287-2525 FAX 048-280-1566
入院費用のお支払い – http://kawaguchi-mmc.org/patients/inpatient/payment/

入院費用のお支払い

お支払いについて

国民健康保険にご加入の方
入院に際し、あらかじめ区市町村の国民健康保険課窓口で、「限度額適用認定証」「限度額適用・標準負担額適用認定証」の交付を受けて、入院窓口へ提示して頂くと、入院費用の負担額が一定のご負担ですみます。詳しくは入退院窓口でご相談ください。
全国健康保険協会管掌健康保険にご加入の方
保険証記載の社会保険事務所が窓口になります。
組合健康保険ご加入の方
加入組合へお問い合わせください。

入院費の計算方法

診療費は診療行為ごとに治療費を合計する「出来高払い方式」と、病気の種類や処置に応じた定額医療費からなる「診断群分類別包括払い(DPC)方式」があります。

当センターは厚生労働省の認可を受け、平成21年7月1日より「診断群分類別包括払い(DPC)方式」により入院費を計算しています。

「診断群分類別包括払い(DPC)方式」では病気の種類や処置に応じた定額医療費からなる【包括評価部分】と、手術・麻酔・一部の検査・処置等・私費分といった包括対象外である【出来高評価部分】が合算され入院費を算出します。

また、診断群分類ごとに定められた入院日数を超えると「出来高払い方式」による計算となります。

≪DPC方式≫

包括評価部分 一日当たりの定額医療費
(入院基本料のほか、薬・注射・処置・検査・画像診断料を含む)
出来高評価部分 手術・内視鏡
放射線・リハビリ
一部の処置・食事

≪出来高方式≫

出来高方式 薬・注射料
処置・検査料
画像診断料
入院基本料
手術・内視鏡
放射線・リハビリ
食事
  • 病気によっては薬・注射料の一部が出来高評価になる場合もあります。
  • 入院費の支払いは、月1回の定期請求(月末締め)と退院時の請求です。
  • 高額療養費の取り扱いについては従来と変わっていません。

入院費の計算方法に関するQ&A

Q1.診断群別包括評価(DPC)とは、どのような制度ですか?
A1.患者さまに行った医療行為ごとに料金を計算する従来の方法とは異なり、患者さまの病気や状態をもとに、手術・処置などの内容に応じて、定められた「1日当たりの定額医療費」を基本に、入院医療費を計算する方法です。
Q2.入院費は高くなりますか?安くなりますか?
A2.患者さまの病名や、診療内容に応じて「1日当たりの医療費」が決まるため、従来方式と比べて高くなることもあれば、安くなることもあります。
Q3.すべての入院患者がこの制度の対象となりますか?
A3.病名が診断群分類のいずれにも該当しない場合や、交通事故・労働災害等の自由診療で入院される患者さまは、従来の計算方法(出来高方式)となります。

川口市立医療センター

048-287-2525(代表)

〒333-0833 川口市西新井宿180

安行診療所(内科・小児科)

048-294-3711(代表)

〒334-0057 川口市安行原191-1

本町診療所(内科・小児科・眼科)

048-222-3100(代表)

〒332-0012 川口市本町3-6-30

川口市立医療センター
Copyright © 2017 Kawaguchi Municipal Medical Center