川口市立医療センター 〒333-0833 埼玉県川口市西新井宿180 TEL 048-287-2525 FAX 048-280-1566
メタボリックシンドローム特集(1) – http://kawaguchi-mmc.org/patients/guide/for_health/metabo-1/

メタボリックシンドローム特集(1)

はじめに

ここ1~2年ほどよく聞かれる言葉としてメタボリックシンドロームというものがあります。これは過食や運動不足などが続くことによって、内臓に志望が蓄積(内臓脂肪型肥満)し、それが原因となって糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病が複合的に発祥する病態をメタボリックシンドロームといいます。そしてこの状態はいろいろな病気のもとになるということで、それを根絶やしにしようという考えに基づいています。したがって、本年度からは健診についてもさまざまな変化が起きてきます。

このメタボリックシンドロームについて医師の立場から健診センター星野先生、食事・栄養の立場から臨床栄養科の栄養士さんには数回ずつの連載で説明してもらいます。

「メタボリックシンドローム」あなたは大丈夫ですか?

総合健康健診センター 星野京子

昨年から今年にかけてこれほど大ヒットした医学用語は他に見当たらないでしょう。カタカナ言葉に加え、「メタボ」と略され、インパクトのあるこの言葉は「どうやらおなか周りを測ると(腹囲で)メタボがわかるらしい」と噂になり国民に知れ渡りました。

診察中緊張して無口な方も「ウエストサイズは」いくつですか?」とたずねたとたんに「あ、メタボですか?いやあ、最近やせられなくてねー、90cm以上、ゆうにありますよ」など結構楽しそうに会話に乗って下さるようになりました。厚生省やるじゃあ あ~りませんか!しかし話だけじゃ済まされないほどこのメタボリックシンドロームは国民の一大事になっているのです。

東京都が「平成17年東京都民の健康・栄養状況」を発表。結果、成人都民の約3割が肥満、中高年の半数はメタボリックシンドロームが強く疑われるか予備軍であること、食塩の平均摂取量は11.4gでとりすぎの傾向があるなどの実態があきらかになったのです。これらは動脈硬化の原因。

いろいろ反論はあるようですが日本人男性は腹囲85cm以上、女性は90cm以上がメタボリックシンドロームの元になるという内臓脂肪がいったい何者なのか、どうすれば減るかお話していきましょう。

内臓脂肪のたまりすぎは腹囲でわかる。

あなたの食生活チェック!

臨床栄養科

肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症の4つをそれぞれ危険因子としてみたときに、危険因子の数が増えるほど、冠動脈疾患(心臓の血管の病気)が発生する可能性が高くなります。危険因子が3~4個ある場合をメタボリックシンドロームといい、危険因子が0の場合に比べ、約36倍ものリスクがあるともいわれます(肥満治療ガイドライン2006)。

また、これらの危険因子は自覚症状があまりありません。たとえそれぞれの危険因子の症状が軽度であっても、改善を心がけることが大事です。そこで、日頃の食生活を確認してみましょう。下のリストをチェックしてみて下さい。

  • 食事時間が不規則である
  • 1日2食しか食べない
  • おなかがいっぱいになるまで食べないと満足しない
  • 間食や夜食の習慣がある
  • 早食いである
  • 野菜をあまり食べない
  • 脂っこいものが好きでよく食べる
  • アルコールをたくさん飲む
  • 濃い味付けが好き

いくつ当てはまりましたか?

0~3項目 当てはまる方 青信号…油断せず食生活に注意していきましょう
4~6項目 当てはまる方 黄信号…食生活の見直しを心がけましょう
7~9項目 当てはまる方 赤信号…食生活を見直しましょう

メタボリックシンドロームの予防のためには、日頃の食事や運動などの生活習慣が自分にとって適切なのかどうかを確認し、不適切であれば見直していくことが必要です。また、厚生労働省では、「1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後にクスリ」をスローガンに掲げています。

川口市立医療センター

048-287-2525(代表)

〒333-0833 川口市西新井宿180

安行診療所(内科・小児科)

048-294-3711(代表)

〒334-0057 川口市安行原191-1

本町診療所(内科・小児科・眼科)

048-222-3100(代表)

〒332-0012 川口市本町3-6-30

川口市立医療センター
Copyright © 2017 Kawaguchi Municipal Medical Center