川口市立医療センター 〒333-0833 埼玉県川口市西新井宿180 TEL 048-287-2525 FAX 048-280-1566
公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画を策定しました – http://kawaguchi-mmc.org/info/misc/entry_74/

公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画を策定しました

公営企業経営健全化計画

川口市立医療センターは、地域の急性期医療の基幹病院としての役割を果すとともに、市民の命と健康を守るべく良質な医療の提供に努めております。近年、市民の医療に求めるニーズの多様化や医療技術の進歩など医療を取り巻く環境は大きく変化し、さらに、自治体病院の経営環境もより厳しさを増してきております。

一方、国では、厳しい地方財政を鑑み、将来的な住民負担等を軽減するために、公的資金補償金免除繰上償還として、金利の高い地方債の繰上償還(補償金免除)を平成19年度から平成21年度までの臨時特例措置として認めておりましたが、更なる行政改革・経営改革の実施等を要件として、本措置を3年間延長し、平成22年度から平成24年度においても実施されることとなりました。

当センターは、平成6年5月に川口駅前から現在の場所に移転し、名称も川口市民病院から川口市立医療センターに変更しました。その際、開院資金として地方債の借り入れを行っており、平成22年度末でその残高は約65億円となり、この中には金利が高かった時期のものもあります。

これらの地方債の繰上償還を行うことで、金利負担の軽減が図れることから、公的資金補償金免除繰上償還の対象となるものについて、「公営企業経営健全化計画」を策定し申請を行いましたところ、平成22年12月に総務大臣及び財務大臣により承認を得られ、繰上償還できることとなりましたので、下記の通り公表いたします。

  1. 繰上償還が可能となった地方債
    旧資金運用部資金から借り入れた年利5.0%以上の地方債
  2. 繰上償還額(予定)
    752,446,346円

「公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画」

※本計画は平成22年9月時点において、平成22年度から平成26年度までの経営状況を見込んだものであり、今後この計画と実際の経営状況に乖離が生じる可能性があります。

また、計画期間中の執行状況について、下記のとおり報告書を掲載いたします。

「財政健全化計画等執行状況報告書(平成22年度決算)」

「財政健全化計画等執行状況報告書(平成23年度決算)」

 「財政健全化計画等執行状況報告書(平成24年度決算)」

「財政健全化計画等執行状況報告書(平成25年度決算)」

「財政健全化計画等執行状況報告書(平成26年度決算)」

なお、本市では、普通会計において「財政健全化計画」、下水道事業会計及び水道事業会計において「公営企業経営健全化計画」を策定しております。

普通会計(財政課)のページへ
下水道部のページへ
水道局のページへ

川口市立医療センター

048-287-2525(代表)

〒333-0833 川口市西新井宿180

安行診療所(内科・小児科)

048-294-3711(代表)

〒334-0057 川口市安行原191-1

本町診療所(内科・小児科・眼科)

048-222-3100(代表)

〒332-0012 川口市本町3-6-30

川口市立医療センター
Copyright © 2017 Kawaguchi Municipal Medical Center